一般社団法人 武雄青年会議所 2018年度 組織図

画像をクリックするとPDFデータをご覧頂けます

2018組織図

各委員会事業方針

まちづくり委員会

まちづくり委員会 委員長 関 知昭

関近年、地方都市の運営は厳しさを増している中で地方創生が叫ばれ、武雄市では武雄市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定され地域一丸となり達成に向けた活動の機運が高まっています。一般社団法人武雄青年会議所が未来を創造する組織として武雄市で活躍する団体や市民とともに、自らが考え主体的に行動する意識を持ち、多面的な意見を取り入れ、柔軟な思考をもち可能性を先取りしたまちづくり運動を展開していくことが必要です。
まずは、永続的な運動を行うために、全メンバーが人財発掘に邁進し、共に挑む未来を創造します。そして、地域に関心を持ち行動を起こすために、子育てや教育の現状を把握し、魅力を認識することで、JCとしてできる地方創生を創造します。さらに、地方創生を担うために、地域の取り組みから可能性を模索し、意見交換することで、意識変革に繋げます。また、誰もが活躍できる武雄を実現するために、子育て環境から地方創生を探求し、市民で討議すべき課題を見つけます。そして、市民討議会へ興味を持ち理解して頂くために、ターゲットを絞ったチラシ配布やSNSを活用することで、市民の参画を計ります。さらに、我々が地域を主導していく組織であり続けるために、地域で活動している団体に呼び掛け自ら考え議論する場を創出することで、人の繋がりを強固にしていきます。また、市民参画意識の向上を図るために、市民討議会を開催し、武雄市の課題を当事者として考え討議します。そして、市民一人ひとりが幸せに暮らす社会を実現するために、討議した市民の声を行政に届け共に行動することで、地方創生に向けての結束力を高めます。
地方創生の最前線に立った我々JAYCEEが、広く多面的な考えを持ち主体的に行動する意識と実行力を兼ね備えた組織の一員として当事者意識をもった市民と地域社会の課題に真っ向から挑戦したことで武雄流の地方創生を成し遂げ、魅力ある武雄を実現します。

 

広報戦略委員会

広報戦略委員会 委員長 山﨑 徳幸

山﨑我々は明るい豊かな社会を築き上げるために市民意識変革運動を実践していますが、内外共に広報が十分に行き届いておらず、特に全てのメンバーが当事者意識を持って一般社団法人武雄青年会議所の運動に携わって行く事が重要です。今後は広報に力を入れて行く中で我々の運動を内外に伝え、地域の方々と全メンバーにも共感を得ることが地域を巻き込んだ運動へ繋がる事と考え、今まで以上に効果的な情報発信を行っていく事が必要です。
まずは、永続的な運動を行うために、全メンバーが人財発掘に邁進し、共に挑む未来を創造します。そして、情報発信に関する広報の形と効果的な発信内容を認識して頂くために、SNSを含め的確な広報の在り方と広報の手段を市民と共有するセミナーを開催し、武雄市においての魅力的な広報を学ぶ場を構築します。さらに、今年度の運動・活動と次年度の方針を発信するために、武雄JCの存在意義を多くの市民へ向け幅広く発信する外報紙を発行し、市民に理解を得ることで、我々の運動に繋げます。また、我々の運動を地域へ広げるために、ホームページやSNSを通じて武雄JCの運動と活動内容を分かり易くお伝えし、市民に我々の運動を発信します。そして、JC運動に対するメンバーの参加意識の向上と事業への共感へ結びつけるために、各事業の詳細や委員会の想いを記事にした広報誌を発信し、メンバーへ事業告知と事業報告の周知の徹底に努めます。さらに、地域を巻き込んだ運動を展開するために、各新聞社・テレビ等のマスメディアとの関係を再構築し、地域全体に情報を発信することで、認知度の向上と多角的な広報戦略に繋げます。
我々の運動・活動において市民と共に情報発信に関する重要性を確認した結果、広報においての知識が市民に認知され、さらに武雄JCの存在意義を幅広く周知が出来、地域に参画と理解を得られる広報活動を展開したことにより明るい豊かなまち武雄を実現します。

 

LOMかなめ委員会

LOMかなめ委員会 委員長 西ノ首 龍希

西ノ首青年会議所の運動・活動を通して様々な成長の機会を約束されている中で、本年度の一般社団法人武雄青年会議所では第43回佐賀ブロック大会を主管するにあたりLOM全体での更なる成長の期待が持たれます。大会を主管することでしか得られない武雄JCにおける主管益・地域益を明確に理解した全メンバーが、個々の成長と組織としての運動発信力の強化を経て、全ての資質向上となるJAYCEEとしての修練を積むことが必要です。
まずは、永続的な運動を行うために、全メンバーが人財発掘に邁進し、共に挑む未来を創造します。そして、日本青年会議所の運動を推進するために、第43回佐賀ブロック大会を主管し、会場を選定することで、佐賀ブロック協議会の運動を武雄の地から発信します。さらに、LOM単独では成し得ない経験を得るために、与えられた役割の責任を明確化し、個々の成長へとつなげます。また、地域にとって不可欠な組織となるために、主管LOMとしての大会の位置づけを理解し、主管益・地域益を引き出すことで、武雄JCの運動発信力を強化します。そして、県内JCの絆をより深めるために、大懇親会を開催し、交流からブロック内のJC運動への意識を向上させます。さらに、JAYCEEとしての知識と判断力を身につけるために、目的意識を持って迷わず的確な判断ができる日本JC公認プログラムを開催し、自己啓発から質と力を共に養います。また、地域のまちづくりを率先して行う人物となるために、JCIの研修を開催し、JCのメンバーとして発揮すべきリーダーシップについて理解することで、先導者としての自身の未来像を描きます。
LOM単独では成し得ない経験から個々の成長と一致団結により組織の力を強化し、県内JCと絆を深めた武雄JCは、JAYCEEとしての修練を怠らない資質向上した勇猛果敢なメンバーが地域を牽引するリーダーとなり、武雄の明るい豊かなまちを実現します。

 

交流拡大委員会

交流拡大委員会 委員長 深町 恵介

深町一般社団法人武雄青年会議所は明るい豊かな社会を実現するという創始の精神を礎にJC運動・活動を行う中で、様々な交流を通じて多くの同志や諸先輩方との繋がりを築き、先達から続く志を継承して参りました。これらの活動を進化させ武雄JCの魅力を地域や多くの経済人に伝え、青年が自ら集う組織へと発展するには、諸先輩方とのまちに対する想いを共有するとともに強い絆を育み未来に向けて力強い一歩を踏み出す必要があります。
まずは、永続的な運動を行うために、全メンバーが人財発掘に邁進し、共に挑む未来を創造します。そして、2018年度の理事長所信と各委員会の事業計画を発信するために、OB・現役合同新年会を開催し、組織の結束力と我々が行う運動への理解に繋げます。さらに、メンバー間の友情を育み諸先輩方の培ってきた経験をJC運動に活かすために、OB・現役交流会を開催し、住み暮らす地域の課題や想いを共有します。また、永続的な組織として繁栄するために、OBとの交流会を開催し、諸先輩方との枠に囚われない垣根を越えた深い繋がりを築きます。そして、地域に対し洗練されたJC運動による市民意識の変革に繋げるために、異業種交流会を開催し、地域で活躍する青年経済人との新たな出会いを創出します。さらに、メンバーが一年間の運動・活動を通して得られた想いを分かち合いこれからの糧とするために、忘年会を開催し、共に喜びや感動を共有します。また、武雄JCの歴史を紡いできた卒業生に感謝と敬意を表すために、新たな門出となる卒業式を開催し、これまでにJC運動を通じて培ってきた想いをメンバーが未来へ受継ぎます。
諸先輩方やメンバーとの強い友情や絆で結ばれた強固な組織を背景とする魅力ある団体へと進化した武雄JCが、明確な目的をもとに誰にも負けないグリットを持ったメンバーと地域で活躍する青年経済人と志でつながることにより、明るい豊かな社会を実現します。

 

青少年育成委員会

青少年育成委員会 委員長 小島 雄介

小島近年、核家族化や少子化が進み世代を越えて繋がる機会が少なくなり、子供たちの人と人との繋がりを形成する力や倫理観が揺らいでいるとともに、自ら夢や目標を持って努力し活動している子供たちに関心をもつ環境に偏りがあります。地域の人々が子供たちの倫理観を養う役割を積極的に果たす機会を得て、子供たちが人と人との繋がりの重要性に対する認識を深めて、世代を超えて地域全体で子供たちに目を向ける環境の構築が必要です。
まずは、永続的な運動を行うために、全メンバーが人財発掘に邁進し、共に挑む未来を創造します。そして、子供たちに道徳心を分かり易く伝えるために、身近な存在である地域の大人を集め共に講師をし、大人も子供も共に育ち道徳心が溢れた地域を構築します。さらに、子供たちの道徳心を養うために、市内各小学校の出前授業にてより伝わり易い学年に徳育ゼミナールを開催し、人との繋がりの中で生かされていることへの気づきや他者への感謝の気持ちを醸成します。また、地域全体で青少年育成に取り組む意識を高めるために、地域教育を考えるセミナーを開催し、人間力大賞を開催する意義を深めます。そして、地域の子供たちの活動を多くの市民に認知して頂くために、夢や目標を持った子供たちを発掘し、市民に発信する機会を創造します。さらに、あらゆる視点から子供たちに目を向けるために、見識のある選考委員で構成し、未来志向な基準で選出します。また、多くの市民が地域の子供に目を向け青少年育成を行うために、夢や目標を持って挑戦している子供たちをたけお人間力大賞として表彰し、地域全体で応援していく環境を構築します。
道徳心をより深めた子供たちが、信頼しうる地域の人達とふれあい、社会性を育み、自らの目標に積極的に行動する自立心を体得しながら、親しみを得た地域への誇りと自らの未来へ向かって夢や目標を持ち、力強く歩む子供たちを育む希望溢れた地域を創造します。

 

総務委員会

総務委員会 委員長 弘田 傑

弘田一般社団法人武雄青年会議所は1967年に設立されて以来、長年にわたる諸先輩方の明るい豊かなまち武雄の実現に向けた情熱と次代の担い手たる責任感を襷として継承して参りました。諸先輩方から受け継がれてきた創始の精神を見失うことなく、この地域に対してこれまで以上に信頼される団体として組織の基盤強化を図るとともに、メンバーがそれぞれの事業に対して邁進できるよう時代に即した組織運営を行っていく必要があります。
まずは、永続的な運動を行うために、全メンバーが人財発掘に邁進し、共に挑む未来を創造します。そして、力強い運動を展開するために、運動・活動の根源となる総会を開催し、一人ひとりが自分の意思で組織の方向性を決定します。さらに、会議の効率化を図るために、大切な情報を共有する精度の高いアジェンダを構築し、議案上程・配信ルールを厳守することで、会議に臨む準備期間を確保するとともに有意義な議論ができる環境を整えます。また、将来にわたり健全な財政運営を確立するために、武雄JCが行う運動に対する費用対効果を追求し、相対支出の財政審査を徹底します。そして、今後も信頼ある組織であり続けるために、一般社団法人の法律に則った指導を行い、県提出資料の作成から提出まで一連の流れを構築します。さらに、新たな気付きと学びを得るために、JCが主催する各種大会の事業案内を迅速に周知し、メンバーが参加することで、より幅広い視点を持ったJAYCEEとして成長の糧とします。また、災害地域に対して迅速に対応できる組織となるために、防災マニュアルを活用し、災害内容に応じた支援体制を構築します。
我々の強固な組織基盤が確立され安定した組織運営によって、組織的に行動できるJAYCEEとしての意識改革が行われた武雄JCの運動がさらに力強いものとなり、この先の未来においても地域からこれまで以上に認められ、明るい豊かなまち武雄を実現します。